予想外!ソフトバンクのゴールドプラン


番号ポータビリティがスタートする前日に、ソフトバンクが予想外の価格破壊を行って、世間をあっと言わせました。

ソフトバンク孫社長が打ち出したのは、「ゴールドプラン」という音声定額プランで、月額基本使用料9,600円で、ソフトバンク携帯間の通話とメールが0円となるという内容です。
(※ただし、21時から0時台の通話は月の累積200分までで、それを超えると30秒ごとに21円が課金されます。)

これに加えて、2007年1月15日までに加入すると、いろんなサービスがセットになった「予想外割」が適用となり、月額使用料が70%引きの2,880円となります。(割引率は1月15日以降も適用されます。実質ウィルコムよりも通話定額が20円安くなります。)

また、「ゴールドプラン」「予想外割」以外にも、新しい割引サービスとして、ドコモに類似した「ブループラン」、auに類似した「オレンジプラン」を導入しました。

「ブループラン」「オレンジプラン」と継続割引を引き継ぐと、ドコモ、au各社の料金プランより常に200円安くなるように金額が設定されることになります。

しかも、ドコモ、au各社が値下げした場合は、24時間以内にソフトバンクが対抗策を発表するそうです。


今後のソフトバンク、ドコモ、auの展開に注目です。


≫予想外割のゴールドプランの詳細はこちらから




【 関連リンク 】
  ソフトバンクの2008夏モデルケータイとiPhone情報
  auの2008夏モデルケータイは「スポーツ・チェンジ・ビデオ」
  ソフトバンクのホワイト学割は、ホワイトプランの基本料が3年間無料!
  au、ソフトバンク、ウィルコムの最新携帯電話が激安!
  ソフトバンクのホワイト家族24がオンラインショップで申込スタート!!
  ソフトバンクのホワイトプラン+Wホワイトでお得!
  予想外!ソフトバンクのゴールドプラン
  おサイフケータイとドコモ・au・ソフトバンクのポイント比較
  メールアドレス変更通知と無料サブアドレス