外国の番号ポータビリティの状況


ナンバーポータビリティの現状携帯電話の番号ポータビリティ制度は、外国でも導入されています。

主な国の番号ポータビリティの開始年は、下記のとおりです。


1997年 : シンガポール

1999年 : イギリス・オランダ・香港

2000年 : スイス・スペイン

2001年 : デンマーク・スウェーデン・オーストラリア・ノルウェー

2002年 : イタリア・ベルギー・ドイツ・アイルランド

2003年 : フランス・アメリカ

2004年 : 韓国・ギリシャ・オーストリア

2005年 : 台湾

そして、各国の番号ポータビリティ制度の利用率(導入時〜2004年までの累積)は、香港が約86%(香港では携帯電話会社間でほとんどサービスの差がないため)となっている以外は、多い国で15%、少ない国で0.1%となっています。

割合的に見れば、それほど多くの利用はないようです。

  スポンサードリンク
 


【 関連リンク 】
  日本の番号ポータビリティの状況
  外国の番号ポータビリティの状況